ミニマリスト ひかるの本棚

書評がメインのブログです。ミニマリスト生活、健康など幅広く書いています。

【掃除婦のための手引書】珠玉の短編集

 

 

 

 

 

 

 

掃除婦のための手引書

 

 ルシア・ベルリンの名前を知ったのは昨年の秋頃。新聞の書評欄で絶賛されていたことと、書店でも文芸コーナーでベストセラーとなっておりずっと気になっていました。図書館で予約をしたものの100人以上予約が入っていたためようやく借りることができ、先日読み終わりました。

 

 

 

 もともと看護師としてERで働いていたり、刑務所で小説の書き方を教えていたりする一方アルコール依存症になったこともあるなどさまざまな経歴を持っている小説家。それぞれの短編に数々の経験を通して見てきた風景にフィクションが融合されており、読んでいるとその光景がありありと脳裏に浮かんでくる描写力は圧倒的でした。読み始めたら一気に最後まで読んでしまいました。

 

 

 

 

 訳者あとがきにも書かれていますが、だれにも似ていない作家という言葉がぴったり当てはまります。二〇一五年頃、死後時間が経ってからようやく日の目を浴びてきたとのことですが、もっと多くの人間に読まれてほしい。そして、あまり普段は本を読まない人にも、小説を読む楽しみがきっと伝わるだろうと思った作品でした。

 

 

 

 

ランキングに参加しています。もしよければ下のアイコンをクリックお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
 

 

 

 

【旅の効用ー人はなぜ移動するのか】 珠玉の旅行エッセイ

 新型コロナウィルスの影響でしばらく旅行に行けない日々が続きそうです。仕事の日以外はたいてい家のなかで過ごしているので退屈だと感じることばかり。同じようにどこかに出かけたい、遊びに行きたいと思っているひとは大勢いるのではないでしょうか。

 

続きを読む

【第四次産業革命】テクノロジーが変える未来

 ぼくがiphoneを初めて手に入れたのは7〜8年前。最初に使った時の感想を今でも忘れておらず、今も当時と同じ印象を持ち続けています。

 

 

 それは、「これより便利なものは存在しないのではないか」ということ。

 

 

 本も読める、音楽も聴ける、ニュースも見れる、動画も視聴できるなど、たいていの娯楽や必要なことはスマホがあればすべて済んでしまいます。

 

 しかし、2025年頃にはさらに便利な未来が待っているかもしれません。

 

続きを読む

【社会福祉の歴史】先進国の社会福祉政策を学べる一冊

 母子家庭、貧困、生活保護、介護、医療、保育など、社会保障や社会福祉についてのトピックがメディアで語られない日はありません。どれも非常に身近な内容で私たちの生活そのものに深く関わっているからであり、将来にも大きく影響してくる内容だからだと思います。しかし、意外とそのルーツについて学ぶ機会は少ないのではないのでしょうか。

 

続きを読む

【FIRE 最速で経済的自立を達成する方法】若い人ほどリタイアしやすい理由

 世の中には数多くのお金に関する本があり、自分に合うものもあれば合わないものも。今回読んだ「FIRE 最速で経済的自立を達成する方法」は、今まで読んだものとは少し趣の違う本でしたがとても参考になり、自分でも実践可能な内容だと思いました。

 

続きを読む

【オスカー・ワオの短く凄まじい人生】何にも似てない、まったく新しい小説

 

 小説の記事はほとんど書いたことがないのですが、月に数冊のペースで読んでいます。ネタバレしないように書くのが難しいのと、ビジネス書や学問の本と違って有益な情報を学ぶ目的で読むのとは違うので、引用やメモをほとんどしないのも書くのが難しい点です。

 

 しかし、先日読んだこちらの小説が非常に刺激的で、今までまったく読んだことのないタイプの本だったので紹介してみたいと思います。

 

続きを読む

【理科系の作文技術】わかりやすい文章の作法とは

 文章を書いていると「これで良いのだろうか」「本当に伝わるだろうか」と思ってしまうことがいまだに多くあります。文章に関する本は書店に行けば数多く手にすることができますが、その中でも名著とされ長く読み継がれているものを手にとってみました。

 

続きを読む