モノよさらば

ミニマリストに憧れて

【本物の教養】教養とは、人生を楽しむための道具である。

 以前新聞で高校生が「人生でもっとも輝いているのは17歳ぐらいまで。大人になってこれから大変なことやつまらないことばかりになるのだから憂鬱だ」ということを言っていて、「大人の方が人生楽しいよ」と回答者が伝えるととても驚いた顔をしていたという話が紹介されていました。

 

 この話は「若い頃の方が人生は楽しい」という考えが多くの人に共有されているという前提で、「大人のほうが楽しい」と回答する珍しい大人がいるという形で書かれていて、「自分の実感とは逆だな」と感じたのを覚えています。ぼくは大人になってからの方が人生は楽しいと思っています。

 

続きを読む

【おひとりさまの老後】高齢シングルの老い方・生き方

 年金や資産運用についてのニュースが尽きませんが、そもそもぼくらが老いた時に直面する問題はお金のことだけではなく、家族・友人との関係、身体の状態などいろいろな変化が起こります。

 

続きを読む

【AI vs 教科書の読めない子どもたち】AIと生きる未来

 一時期に比べると随分減ったと感じますが、新聞やネット記事、CMなどではAIについての話題が尽きません。特に誰もが敏感になるのはAIが人間の仕事を奪うーーという類のもの。自分の仕事は将来機械に置き換えられてしまうのかと思うと不安になるのは当然だと思います。

 

続きを読む

【人生100年時代のお金の不安がなくなる話】 老後を心配する必要はない。

 週刊誌や新聞を見ていると、本当に高齢者向けの広告などが多いなと感じます。書籍でも「認知症にならない●●」や、アンチエイジングなどをタイトルが多い。そして、特に目立つのが「老後のお金」について。不動産投資や利回りの高い商品を運用しないと破産するかのようなことを謳っているものもよく目にします。

 

続きを読む

【ズルさのすすめ】元外交官から学ぶ世渡りのコツ

 正直者は馬鹿を見るではありませんが、あまりにも簡単に人を信用しすぎて痛い目を見る、という経験を何度かしたことがあります。そもそも僕自身にさまざまな教養やリテラシーが不足していたことが原因だったのですが、勉強すること、本を読むことの重要性を思い知らされたように思います。

 

続きを読む

【お金に強くなる生き方】お金に振り回されないために

 生きていく上でお金は必ず必要なもの、大切な道具ですが、あまりにもそればかりを考えてしまうと生活の質は上がらないばかりか、かえって損なってしまうのかもしれません。

 

続きを読む