ミニマリスト ひかるの本棚

書評がメインのブログです。ミニマリスト生活、健康など幅広く書いています。

【理科系の作文技術】わかりやすい文章の作法とは

 文章を書いていると「これで良いのだろうか」「本当に伝わるだろうか」と思ってしまうことがいまだに多くあります。文章に関する本は書店に行けば数多く手にすることができますが、その中でも名著とされ長く読み継がれているものを手にとってみました。

 

 

 

 

 

 

理科系の作文技術

 文章作法などの本や科学系の本を読んでいるとよく目にする、木下是雄さんの「理科系の作文技術」の書評です。

 

理科系の作文技術 (中公新書 (624))

理科系の作文技術 (中公新書 (624))

  • 作者:木下 是雄
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 1981/09/22
  • メディア: 新書
 

 

 この本の目的は理科系の研究者や技術者が表現技術を身に着けることであると本書の冒頭に書いてあります。しかし、長いあいだ名著として読み継がれている理由は理科系の仕事をしている人だけでなく、一般的な人にも有用でしかもわかりやすいからではないでしょうか。多くのひとは文章を作成する機会があっても、どのように書けばよいかはほとんど教わりません。

 

 仕事で文章を書かなければならない人、ブログなどで情報を発信したい人、文章を書く仕事に携わる人であれば一度は読むと非常に有益な情報が得られると感じました。

 

 

 

 

 必要なことは漏れなく記述し、必要でないことは一つ書かないのが事の文書を暴くときの第一の原則である。何が必要かは目的(要件)により、また相手の要求や予備知識による。

 

 

 

 

 書こうとすることについてまず大づかみな説明を与えて読者に概観を示してから、細部の記述にはいるやり方である(中略)文章の冒頭のみじかく要を得た記述によって概観がつかめれば、読者にとっては細部の記述を理解・吸収することが格段に容易になるのだ。

 

 

 

 

 読者に逆茂木の抵抗を感じさせないためには、次のような心得が必要であろう。
(a’) 一つの文の中には二つ以上の長い前置修飾節は書き込まない。
(b’) 修飾節の中のことばには修飾節をつけない、
(c’) 文または節は、なるたけ前とのつながりを浮き立たせるようなことばで書き始める。

 

 

 

 

 

仮説
 真偽のほどはわからないがそれはテストの結果をみて判断するとして、仮に打ち出した考え。意見のなかに入れてもいいが、仮の意見である。(中略)
理論
 証明になりそうな事実が相当にあるが、まだ万人にそれを容認させる域には達していない仮説

 

 

 

 

 

 仕事の文章の文は、短く、短くと心がけて書くべきである。(中略)
どんなことを心がければいいか。ここではさしあたり次の三つの心得をあげよう。
(a)まず、書きたいことを一つ一つ短い文にまとめる。
(b)それらを論理的にきちっとつないでいく
(c)いつでも「その文の中では何が主語か」をはっきり意識して書く。

 

 

 

 

 

 装置、実験法、地形、事件、等々を記述説明する文書では、「概観から細部へ」という原則にとくに重点がおかれる。文章の冒頭のみじかく要を得た記述によって概観がつかめれば、読者にとっては細部の記述を理解吸収することが格段に容易になるのだ。

 

 

 本書を読んで、じぶんの文章がわかりやすい文章からはかけ離れたものであるということが嫌というほどわかりました。

 

 特にパラグラフの説明として書かれていた以下の文章は参考になりました。

 内容的に連結されたいくつかの文の集まりで、全体として、ある一つのトピック(小主題)につてある一つのこと(考え)を言う(記述する、明言する、主張する)ものである。(中略)
 パラグラフには、そこで何について何を言おうとするのかを一口に、概論的に述べた文がふくまれるのが通例である。これをトピック・センテンスという。(中略)トピック・センテンスは、パラグラフの最初に書くのがたてまえである。

 

 なんとなくこのへんかな、というぐらいの感覚でパラグラフを作成していましたが、たしかに上記の点を意識したほうが圧倒的にわかりやすい。まだまだ勉強と実践を繰り返していかなければならないと思いました。

 

 

 

 

ランキングに参加しています。もしよければ下のアイコンをクリックお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ