モノよさらば

ミニマリストに憧れて

持たないからこそ増える選択肢

稼ぎは悪くありませんでしたが、生活を見直すにあたって仕事を辞めました。

 

しかし、仕事には情熱を持っていたつもりです。

 

f:id:koizumihikaru1234:20151007164916j:plain

 

落ちこぼれ時代

前職は元々はアルバイトから始めて、途中から社員になりました。

 

かなり体育会系な方が揃っている部署で、成果が出なければ毎日怒鳴られ、鬼のように詰められる上に元々僕は出来が悪かったので20代前半はこてんぱんに叩かれまくる日々でした。(自分の能力不足のせいですが)

 

朝早くから夜中まで必死に働いてもまったく成果が出ず怒られるばかりで「社会人って何てつまらないんだろう、こんな事を40年近くも続けなければならないなんて悲惨だ」と思っていましたが、当時は社員になって親を安心させたかったし、周りも就職がどんどん決まっていくので取り残されたくなかったので辞めるという発想は辛くてもできず。

 

今考えるとこの頃は周りにどう思われるかが、働く理由になっていましたが、その後福岡に転勤になり自分の仕事観が変わります。

 

 

仕事の面白さに気付く
福岡で人生の中で一番尊敬する上司と出会い、今まで気付いていなかった自分の長所が分かるようになり、成果も少しずつ認められるようになって、嫌でしょうがなかった仕事にとてもやりがいを感じるようになりました。

 

この頃から自分に足りていないスキルは何か分析して、それを補うためにビジネス書も積極的に読み出しています。

 

仕事の要求は高く、成果が伴わず悔しい思いをする事は何度もありましたが、それを克服するために本を読み、ひとつずつ出来ない事が出来るようになるのがとても面白く、仕事の醍醐味が分かり始めて夢中になって仕事に打ち込みました。

 

 

スポンサーリンク

 


熱狂、そして虚無

最後の1年は札幌で勤務をさせて頂きました。


今まで以上に要求の高い仕事だったので困難なのは目に見えて分かっていましたが、ぜひやらせて下さいと手を挙げて転勤に。

 

福岡→札幌の引越代は自腹でしたがまったく気になりませんでした。


元々僕はビビリで「失敗したらどうしよう!」といつも心配してしまう人間ですが、その反面高い要求の中で自分の力がどれぐらい通用するのか、これからどれぐらい成長できるのかという未知の期待でこの時は不安と興奮がごちゃ混ぜでしたが、どちらかというとワクワクしてたと思います。

 

予想通り困難な仕事でしたが、立ち上げからマネジメントをさせてもらって大いに自分の実力が試せたのと、1から作り上げた現場を多くの人から「すごく働きやすい職場」とお褒めの言葉を頂き、大変でしたがこの仕事を続けてきて心底良かったと思えました。

 

それほどやりがいのある仕事を辞める決意したのは祖父が亡くなったこと、そしてミニマリストの存在が大きかったです。

 

今年の5月に祖父は亡くなったのですが、仕事仕事で最後の数年はほとんど会えず、爺ちゃん子だった僕をとても可愛がってくれたのに一言もお礼も言えなかった事を葬式の時にかつてないほどの後悔を味わい、仕事に傾けてきた情熱が急にむなしくなりました。

 

「これまで一心不乱に頑張ってきたけれど、お世話になった人に何も言えなくて、誰かが亡くなるたびにこうやって後悔するとしても続けるべき仕事なのか?」と自分に問いかけ、答えははっきりとNo。

 

年収も悪くありませんでしたし、これまでの安定を捨てるのはとても怖かったですが実家も色々とゴタゴタしてしまっていたので思い切って家族の近くに帰ることにしました。

 

そして、次に僕が就こうとしている職種は社会的に需要が凄くあるけれども薄給な仕事ですが、この決断ができたのはミニマリストの考え方があったからです。

 

シェアできるモノは借りて、少ないモノで豊かに暮らしていく。

 

これなら収入が大幅に下がってしまったとしてもきっと暮らしていけるし、自分としてもより意義があると思える仕事に就けるのであればそちらに踏み出してみようと決意しました。

 

僕はまだミニマリスト的な生活を始めてから3ヶ月ぐらいしか経っていないので偉そうなことは何も言えません。

これから思いもよらない不便や後悔があるかもしれません。

 

しかし、持たない生活を選択する事で、やりたいと思っていたけど収入的に厳しい職業に就職するという選択肢が増えたり、お金のために嫌々している仕事であれば働く時間を大幅に減らす選択肢が増えると思っています。

 

楽しくなかったり、つらい作業が多かったり、人間関係が苦しかったり。そんな仕事で人生をすり減らしてしまうぐらいなら、持たないという選択をしてもっと自分にとって意味があると思える事に時間を割いた方がよっぽど有意義な時間を過ごせます。

 

持たないことでモノは減りますが、人生の選択肢は豊かに増やせるという事を知っておくとより生きやすくなるのではないかと思います。

 

 

現在有給消化中なので一応肩書きは会社員のままですが、10月中旬に東京に戻るまではやること何もなし。

 

暇です…´д` ;

人それぞれと思いますが、やっぱり僕は仕事に熱中していたい人間なんだなと感じています。

 
↓クリックお願いします(・∀・)/

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村

 


ライフスタイル ブログランキングへ

 

 

スポンサーリンク

 

follow us in feedly

広告を非表示にする